2011年04月10日

プーちゃんと初対面 その2「あまず、ひとりで遊ぶ」

あまずのチチです。

前回に続き、チチ姉のチワワ、プーちゃんにご登場願いましたw
01DSC_0024.jpg
プ「弟さん、その白いコはだれですか?」

プーちゃんはあまずが「あしょんで〜」と追いかけて来るたびに逃げ、
追いつめられると「ウ〜」と唸ります。。

プーちゃんにしてみれば、きっと頭のなかが混乱していたと思います。
だって以前だったら、
プーちゃんはぼくに会えば、必ずぼくの膝の上を独占していたのですから。
02DSC_0047.jpg
あまずのあしょんで攻撃を交わしながら、やっとの思いで、ぼくの膝の上に乗れたプーちゃんw
でも、「弟」と呼ばれていたはずのぼくは「チチ」とか言ってるし、
白くてチビっちゃいのがウロチョロしているし、プーちゃんは戸惑った様子ですw

おや、あまずのクレートのニオイを嗅ぎ出しました。
03DSC_0041.jpg
あまずに興味がわいてきたのかしらん?

あら、ちがった(ノ_ _)ノ
04DSC_0045.jpg
あまずのご飯が気になったのね(笑)

こちら、お食事中のあまずですw
05DSC_0008.jpg
ず「うみゃ〜」

「仲良く食べなさいな」とふたりにササミジャーキーを渡したのですが、
あまずは右へ、プーちゃんは左へ、ジャーキーをくわえた途端にそれぞれ逆方向に猛ダッシュw
ん〜、なかなか相見えません。。

プーちゃんが全然相手してくれないので、
しまいには、ひとりでイチゴのオモチャと遊び出したあまず。
06DSC_0040.jpg
この光景、ぼくはちょっと驚いたし、感動しましたよ。

なぜなら、この頃のあまず(生後6ヶ月)はワンに会うと、
遊びたい一心で、嫌がってるワンちゃんにもお構いなしに飛びかかっていたのです。
しつこくチョッカイを出すものだから、相手のワンに怒られたり。
怒られて止めるのならいいのですが、「遊んでもらえてる!」と勘違いするらしく、
あまずのKYぶりは度を増していく、そんなふうでした。

ところがこの日、嫌がるプーちゃんにチョッカイ出すのを止めて、ひとりで遊びだしたのです。
そうそう、そうやって社会性を身につけるのだぞ、ずんずん!

プーちゃんとの別れ際。
07DSC_0066.jpg
プーちゃんはサークルの中、あまずは外、それぞれのカドラーでお昼寝。
結局、最後まで仲良くできませんでしたm(_ _)m

でも、あまずの成長を垣間みれた気がして、
ぼくのなかでは記念すべき日となりました(・・)ノ
Byあまずチチ

ブログランキングに参加しています。
ひとりでもあちょべるもん! なあまずに応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

タグ:プーちゃん
ニックネーム あまずのチチ&ママ at 10:18| Comment(9) | マルチーズ日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

いとこのプーちゃんと初対面w

あまずのチチです。

前回アップした桜並木に再び行ってみました。おお〜桜はほぼ満開(^O^)丿
00_2DSC_0006.jpg
こりゃ、週末が楽しみだ! と思ったら、明日は雨だとか。。。

おまけに今日は風があまりにも強くて、お散歩も途中で止めました。。

なので、ちょっと古いお話を。
実は、書きたいエピソードがたくさんあるのに、全然記事を書けていなかったりで、
今後、古い話をアップすることがあると思いますが、ご了承をば。

2月8日、チチの生家にあまずを連れて行ったときのお話です。
家に入るとフローリングが苦手なあまずのために(フローリングの話はこちらなど)、
敷物が一直線に敷いてありましたw
敷いたのはワンコ嫌いなワタクシのハハです(笑)
01_565.png
あまずさん、敷物の上をルンルンで歩いて、、、
02DSC_0206.jpg
引き返してきました(笑) よっぽどフローリングの感触が嫌いなようですw

で、なぜこの日、あまずを生家に連れて行ったかというと、、
03DSC_0001.jpg
でででん! チチ姉が飼っているチワワのプーちゃん(3才)に会うためです(・・)ノ
プーちゃんを生家で数日間、預かることになり、
ならば、あまずと対面させてみよう! ということになったのでありますw

ちなみに、以前ズンズン日記に登場した、あまずママの実家にいる、
チワワのプリンおばちゃんとは名前も毛色も似ていますが、別ワンですm(_ _)m

ワン大好きなあまずはプーちゃんと遊びたくて仕方ありませんw
04DSC_0152.jpg
ソファーの上に逃げるプーちゃんと、チビゆえにソファーの上に登れないあまずw

プーちゃんはワンとほとんど遊んだことがなく、ワンが苦手なようで…(汗
あまずをソファーに乗せてみたところ(写真の手前の緑の物体があまず)、
06DSC_0188.jpg
横目であまずをうかがうプーちゃんw 固まってます(笑)

こちら、自分の優位性を示すためか(?)あまずの毛布に臭いをつけるプーちゃんw
07DSC_0119.jpg

いっぽう、プーちゃんのカドラーに遠慮なく陣取るあまずww
08DSC_0141.jpg

ちょっ、ちょっと! ひとのカドラーで寝なさんなって!!
09DSC_0124.jpg
あまずって、どんだけ図々しいんでしょw
はてさて、プーちゃんとあまず、仲良くなれるかは。。。また次回ww
Byあまずチチ

ブログランキングに参加しています。
ワンたん大好き〜! なあまずに応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村
ニックネーム あまずのチチ&ママ at 02:14| Comment(8) | マルチーズ日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

春はすぐそこですな〜

あまずのチチです。

前回お伝えしたように、
先日、近所の桜並木をちょっくら覗きに行きました(ノ・・)

と、その前に、、、
01DSC_0010.jpg
梅の花は満開でした(・・)ノ
でも、あまずは「花見」の風情を理解していないようで、お花には興味ナシw

「フゼイって、なんでつのん〜」と駆けっこにいそしむあまずw
02DSC_0019.jpg

ちなみに、右後ろに見えるのは雑貨屋さん。
03DSC_0020.jpg
都内にある我が家の近所では、
最近、トイレットペーパーなどの紙類は買えるようになりました。
飲料水は不自由しない程度に売っていますが、
たとえば、お茶や炭酸飲料などのペットボトルは
「お1人様2本限り」みたいにコンビニなどでも張り紙が貼ってあります。

チチ&ママのミネラルウォーターを飲んでるあまずは絶好調w
04DSC_0025.jpg
ず「ちょ〜い!」
ぼくは東京電力産の香辛料が入ったあまずママ特製紅茶を飲んでいるから、
最近、すこぶる調子がいいですw(チチの飲み水の話などはこちらの記事など)

ず「シャクラたんはどこでつか?」
05DSC_0029.jpg

ず「あっちにいる気がしまつねぇ」
06DSC_0044.jpg

ず「チチ、あれがシャクラたんでつか!」
07DSC_0058.jpg

この道、700メートルにわたり、一直線に桜の木が植えてあります。
08DSC_0061.jpg

横断歩道から撮った写真。
09DSC_0076.jpg
まだ五部咲きくらいかしらん。
桜が咲き乱れると、「春だ〜」って気がします。
そして、真っ昼間からビールを飲みたくなりますw

「シャクラたん、きれいでちたね!」とあまずはハイテンションw
10DSC_0100.jpg
今週末は飲んだくれるぞ〜、と
わたくしもハイテンションでございます(笑)

先ほど、宮城県が震源地の大きな地震がありました。
我が家も大きく長めに揺れましたが、被害等はありません。ご報告まで。
Byあまずチチ

ブログランキングに参加しています。
週末はお花見しまちょ! なあまずに応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村
ニックネーム あまずのチチ&ママ at 01:49| Comment(8) | マルチーズ日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

原発事故による犬への影響を考えてみました その3

あまずのチチです。

前回書いた東京にいるリスクについての表現に間違いがありました!
ほんとにすみません!
「92週間後には、がんになる方が1万人のうち1人の割合で増える可能性がある」というのは、
間違いです!

前回準拠した日本の現行の法律には、「年間1ミリシーベルト相当」とあるので、
92週間じゃ、ほぼ2年になってしまいます。
要するに、東京が現状のままだとしても、
法律で定められた規定値の約半分の量だけ被曝することになります。
となると、前回書いた話よりもリスクはさらに低くなると思われます。

また、実際の被曝量は汚染された食品を食べた場合や内部被曝の度合いなどで変わってくるのと、計算値は大気中の放射線量だけで考えているので、
あくまでも目安です。

さて、ようやくここまで話が進みました。
「放射能が何か」をまずは理解するために、長くなってしまいましたm(_ _)m
DSC_0040.jpg
ず「もうねむいでつよ。。」
トリミングから帰ってきたばかりのあまずですw

ここからはあまずさんのお話ですよ!

というわけで、あまずの危険度がどれくらいなのかを考えたいと思います。
でも、確証的なデータが世界中どこにもない、というのが正直なところだったりして。。

先日、放射線医学総合研究所に
「あまずはどのくらい被曝したら危ないんですか?」と問い合わせたところ、
「わかりません」と言われました(・・)
犬に関する具体的な研究例はないそうです。
ネットでも資料を探しましたが、ぜんぜん見つかりませんでした。

チ「身体の大きさ、新陳代謝のサイクルなどを考慮して計算する感じですかねえ?」
放「そうですかねぇ。あと、犬種によっても、影響の度合いは違うかもしれませんねぇ」
とのことでした。

う〜む。でも、その後、「ベルゴニー=トリボンドーの法則」というものを見つけました。
新陳代謝が活発なほど、放射線の影響を受けやすい、というような法則です。
だから、「子どもたちや妊婦さんは気をつけて」という話になるのだと思いますが、
そう考えると、体重というのはあまり関係ないのかもしれません。
太った人間は放射線の影響を受けやすいなんて話もありませんし。

マウスに放射線をさらした実験というのもあり、
結果は人間とそんなに大差はなかった様子。
なので、放射能によるマルチーズの危険度は人間と一緒と考えていいのかしらん。。。

ただ、あまずはまだ生後7ヶ月。成長段階の子犬で、基礎代謝などが成犬よりも活発です。
なので、それだけ放射能の影響を受けやすいと思います。
成犬と子犬の基礎代謝がどれだけ違うか考えてみると、
たとえば、フードの量(1日に必要なエネルギー量)で計算ができそうです。

などと思っていたら、
先日、東京の浄水場から乳児の暫定規定値を超える放射性ヨウ素が検出されました。
規定値から推測すると乳児は大人に比べて3倍、放射線の影響を受けやすいと考えられそうです。
なので、それで強引に計算をしてみます。

あくまで、ド素人のぼくが勝手に仮説にもならない仮説を立て、しかも強引に計算しました。
参考にすらならないと思います。
内部被曝のことを考えると肺活量なども考慮するべきですが、とりあえず無視して、
大気中に舞う放射線量が外部被曝として、あまずに与える影響だけを考えて計算します。

【強引に算出した、東京にいる、しかも外飼いの子どものマルチーズの危険度】
「仮に犬は放射線の影響を人間と同じように受けると考え、さらに子犬は放射線の影響を成犬よりも3倍受けやすいと仮定し、原発事故が解決せず、東京の放射線量が増えもせず、減りもせず、14〜21日のままの状態が続くと、約30週間(約7ヶ月)後には、将来がんになる子マルが1万匹に1匹増える可能性があるかもしれません」ということになりました。
あくまでド素人の推察です。
また、実際は外飼いのマルチーズは皆無だと思いますし、
今後、放射性物質の飛散は減少していくと思うので、
上記の数字よりも危険度は低いと思われます。

実は、1日に1時間の散歩をする家飼いのワンのケースも計算してみました。
しかし、あまりにも細かい数字が並ぶのでブログに上げるのは止めました。
結果だけ言えば、「約30週間(約7ヶ月)後」の部分が「約46週間(ほぼ1年)後」
になります。(部屋の中は外に比べて、放射線量を75%カットで計算)

今回の数字は、あくまでぼくが推察したものですが、
これを危険と考えるか否かは、個人の自由です。

前回書いたように、リスクを抜かしたイメージとしては、
東京にいる限りにおいては、煙草の副流煙のケースと似ていると思っています。

そして、ぼくとしては、ようやく現状が把握できてきたような気がしています。
リスクはリスクとして認識して、人間は次の行動ができると思っていますので。

放射性物質対策としては、よく花粉の話がありますが、
放射性物質は花粉よりも微粒子なので、マスクは濡らして使ったほうがいいと思います。
水に関しては、基準値を超える発表があった場合、
そのときの水は可能な限り、あまずには飲ませないようにしています。

それと準拠しているICRP(国際放射線防護委員会)の基準値や日本の法律は、
あくまで現行のモノで、今後変わるかもしれないし、変わらないかもしれません。
そして、正直、遠くに飛んだ放射性物質による内部被曝の影響というのは、
正しいデータを世界中のどの学者も持っていないように思われます。
そう考えると、ぼくが出した数値は間違っている可能性があります。
あと、前回の数字は14〜21日の間じゅう、東京でマスクをせずにずっと外にいたら、の話です。
内部被曝の計算はとっても難しかったりなどで、
その点でいえば、危険度は増すかもしれません。
というわけで、前回、今回の数字はあくまで目安ですし、
ド素人が算出したものなので、その点はご留意を。
とにかく、ワンの被曝に関する確証的な話がどこにもないので、
ぼくが今現在の東京であまずを守るためにはどうすればいいかを考えるために、
個人的に強引に目安を算出しただけであります。
(あるいは、専門的知識のある方、ご指摘があればお願いします!)

最後にあまずちゃん、かわいいお顔を見せてちょうだい!
DSC_0043.jpg
ず「やっと、お話、おわりまちたね」

さて、あまずは明日、とあるマルちゃんとドッグカフェでお会いします(・・)ノ
名前はゆずちゃん、またの名を秋チビの楓ちゃんw
ご存じの方もいらっしゃるのでは??
あまずはこれまで自分より幼いコに会ったことがないので、チチ&ママも楽しみです♪
Byあまずチチ

ブログランキングに参加しています。
あちたはおチビちゃんとあそぶんでつね! なあまずに応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村
ニックネーム あまずのチチ&ママ at 03:52| Comment(4) | マルチーズ日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

原発事故による犬への影響を考えてみました その2

前回のつづきです。

文系出身のあまずのチチです。
チチ&ママ、そしてあまずが「今の東京にいて安全か」の、僕なりの答えを出すために、
現在、ブログを書いています。
01DSC_0013.jpg
ず「またそれでつかぁ。。」

ぼくは放射能や原子力に関するド素人であります。
誠心誠意、本文を書きますが、
科学的な見知に間違いがあれば、どうぞご指摘お願いします。

それと、ずんずん一家の住む町は東京です。
なので、東京に今現在暮らしていることを前提に話を書きます。

我が家から福島原発は直線距離にして、216.5km離れています。
15日、東京では「通常の20倍以上」(産経新聞)の
放射線量(約0.8マイクロシーベルト/毎時)が検出されました。
その後も、21日には放射性物質であるヨウ素が検出されています(東京新聞)。

この状況に対して、
ド素人なりに調べたぼくが、誠心誠意を込めて見解を述べるとしたら、、、
「ただちに健康に問題が生ずるわけではない」というところでしょうかw

このセリフ、石原都知事をはじめ、枝野官房長官や東京大学の教授など、
おエラい方々が最近よく使う言い回しですね。
これ、嘘は言っていません。ただ、言葉足らずなことが問題であります。

おエラくない僕ならば、先のセリフのあとにこう続けます。
「でも、害はありますよ。ただ、確率の問題です。東京にいると健康へのリスクが増えますよ」と。

では、放射性物質による健康への「リスク」がどれほどあるか、なのですが、
このリスクを求める際の基準値が、現在おかしなことになっているため、
混乱が生じているように思います。

先ほど、「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」というテレビ番組を見ていたら、
国立大系の先生が健康被害の目安として「100ミリシーベルトまでは安全」と言っていました。
確かにこの数字を基準にするならば、今の東京は安全です。
まあ、その「安全」の中身が本当は問題なんですが、その話は置いておきます。

ぼくは、前回書いたようにテレビの話は半分疑っています。
なので、基準にする目安は、「日本の現行の法律にしよう」と決めました。
後々、あまずへの健康被害度を算出する予定ですが、
その際も、法律に基づいた数字で考えようと思います。

で、wikipediaで「放射線障害防止法」の文面を僕が読む限り、
社会一般の人々が1年間にさらされてよい人工放射線の限度は1ミリシーベルト、
(厳密に言えば、3ヶ月で250マイクロシーベルト)
だと解釈しました。

よく「人間は普段の生活をしていても放射線を浴びているから安全だ」と言う人がいますが、
どうやらこれは先の法律を読む限り、違うようです。あるいは、僕の読解能力がないからかな。
うまく説明できませんが。
でも、原子炉から飛び出した放射性物質が
自然界から発せられる放射線と安全性が同じだなんて考えにくいです。
そもそも、現在の状況は、放射性物質を体内に取り込むわけですから、違うと思います。
このあたり、今後も調べます。

で、
今日のテレビ解説者の安全の目安は「100ミリシーベルト/年」、
法律で定められた安全の目安は「1ミリシーベルト/年」。
02DSC_0014.jpg
ず「ずいぶん、ちがいまつねぇ。。」
ちなみに、「100ミリシーベルト」というのは、
読売新聞によると「健康に影響が出る危険が高まる」数値だそうです。

では次に、1年間で1ミリシーベルトを浴びるとどうなるのか?
ICRP(国際放射線防護委員会/先の法律はこの組織の勧告を元に制定)によると、
1ミリシーベルトの被曝をした人が1万人にいたら、
そのうちの1人が発がんする、という量なのだそうです。
この数字を高いと見るか、低いと見るかは、自由だと思います。

毎日新聞が14〜21日までの各地の累積放射線量を掲載していますが、
それによると東京は10.8マイクロシーベルトです。
法律基準の1ミリシーベルトまでは、もしもこのままの状態がつづくと、、、
約92週間(約2年)かかる計算になります。
おお、ようやく希望の光が見えてきました(・・)ノ

ただ、今後は飲食物の問題もありますし、内部被曝(後日書きます)の問題もあります。
手放しで「安全である!」と言えないと思っています。

東京で過ごす大まかなリスクのイメージとしては、
たとえば、誰かと待ち合わせした場所が壁で覆われた喫煙所の前だとします。
喫煙所の扉がたまたま開き、中からモクモクと白い煙が出て、
その煙が自分の鼻先をかすめました。

このとき、どういう態度を取るでしょうか?

「副流煙が嫌だから、一目散にその場から逃げたい!」と考える人は、
関西よりも西、あるいは海外に逃げたほうがいいと思います。

「副流煙は嫌だけど、この場所、取引先との待ち合わせ場所なんだよなぁ」と考える人は、
濡れたマスクをし、仕事が終ったあとには、
それなりの対処(対処法は後日まとめます)をしたほうがいいいと思います。

「副流煙? ぜ〜んぜん気にしな〜い」と考える人は、普段通りの生活でいいでしょう。

煙草のリスクよりも放射能のリスクのほうがかなり高いと思いますが、
東京に限っていえば、そういうことなんだと思います。

さて、おエラくない僕は「東京にいると健康へのリスクが増えますよ」のあとに
さらに言葉を続けます。
原発事故が解決せず、東京の放射線量が増えもせず、減りもせず、今のままの状態だと、約92週間後には、1万人に1人の方ががんになる可能性がありますよ」と。
(お詫びと訂正:取り消し線の部分には間違いがあります。詳しくは次回の記事で述べます。間違ったことを書いてしまい、すみません!3月24日21時)
そして、さらに、
「でもね、放射能がおよぼす健康被害って、実のところ不明なことも多いんですよ。もっと危険な数値をあらわすデータもあれば、そうでもないデータもあります。ま、要は確率の問題ですね」とも言います。

書きたいことはたくさんあるのですが、
長くなったので、また次回。

今日のまとめとしては、
いくら、「ただちに健康に影響はない」と言われても、煙草が嫌いな人にとっては、
少しの煙だって吸いたくない。
「少しも吸いたくない」と言っている人に対して、「安全だから大丈夫」なんていうのは、
ちょっと筋が違う。

それよりも、ドイツやアメリカ、その他各国の気象庁が出している放射性物質の飛散予測図を
日本の気象庁にも毎日出して欲しい。
テレビの花粉予想みたいに、
「今日は3号機から黒煙があがりました。明日は強い風が吹くため、東京地方は0.8マイクシーベルトの予想です。気になる方は、外出される際には帽子と濡らしたマスクを着用してください」というふうに毎日テレビでやればいいのだ、と思います。

最後に、先週、トリミング前に撮ったあまず。
03DSC_0023.jpg
トリミング後の姿は、また次回。
ちなみに、自己流あまずへの健康被害度の計算が出るまで、
あまずの外出は控えています。
Byあまずチチ

ブログランキングに参加しています。
おしゃんぽ、いきたいなぁ〜 なあまずに応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村
ニックネーム あまずのチチ&ママ at 02:55| Comment(9) | マルチーズ日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする