2011年03月21日

原発事故による犬への影響を考えてみました その1

あまずのチチです。

まずは近況報告しますよ、あまずさん!
01DSC_0049.jpg
「へ〜ぃ」と、まったくやる気のないあまずw

首都圏では、「予測不能な大規模停電の可能性がある」という話でしたが、
結局、ずんずん一家の地域にはまだ停電は起きていません。
ただ、想定外の停電が起こると、東京は大打撃を受けますので、節電は続けています。
福島の原発が危機的状況のなか、首都の電力が断たれると、、、危険でしょう。

とはいえ、東京電力は使用していなかった火力発電所を稼働させたり等で、
「予測不能な停電」はもう起きない可能性もありそうですね。

余震は、今日もすこ〜し揺れた程度のものがありました。

自宅の倒壊も心配ですがw 今、ぼくが注視しているのが原発。
02DSC_0048.jpg
ず「そなの?」
原発の問題を解決しない限り、本当の意味での復興ははじまりません。

まずは原発を取り巻く、先週のことを振り返ります。

停電や交通事情などの理由もあるのでしょうが、
東京では16日(水)から、大手企業の社員が「自宅待機」を実施しました。
外国人の国外退避もこのあたりからはじまりました。

なぜ、16日だったかというと、
前日の15日、都内で放射能の測定値が上がったこと、
東京電力が福島原発からの全員撤退を政府に申し出たこと(結果、管さんが怒鳴る)、
などを受けての判断があったからだと思います。

先週の前半には、
テレビに出ている原発に関する解説者の顔ぶれがガラッと変わりました。
皆さん同じことを言うようになりましたね。
飛散した放射性物質の測定値は「安全である」ことと、
その根拠として「レントゲンの放射線量との比較」を持ち出しました。

テレビのこの現象をどう受け取るかは自由です。
ぼくは情報の一元化がはじまったと思い、
テレビ報道の半分は疑おう、と思うようになりました。

ポイントは3つあります。

1つ目は、放射能による害は2種類(外部被曝と内部被曝)あるのに、
テレビ解説者は1種類(外部被曝)についてしか語らなくなったこと。

2つ目は、関東に飛散して来た放射性物質の数値が安全である根拠が
頭の悪いぼくには非常にわかりづらかったこと。(なんか誤摩化してるなぁ的な雰囲気)

3つ目は、放射能による害は研究者によって意見が分かれるのに、
皆、一様に同じ見解を述べるようになったこと。

ぼくは、放射能の危険性について、多元的な情報を得た上で、
自己判断をしたいと思っています。

さて、ここからは放射能についての話になります。
DSC_0068.jpg
ず「あたちのお話じゃないなら、ねまつよ。。」

というわけで、文章がちょっと長くなってしまったので、
つづきは、また次回に。
Byあまずチチ

ブログランキングに参加しています。
トリミングにいきまちた! なあまずに応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

ニックネーム あまずのチチ&ママ at 20:50| Comment(11) | マルチーズ日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに素人にはよくわからない例えばかりで疑いたくもなりますよね(;^_^A


これ以上混乱を起こさない為に一元化してるんでしょうけど。


でも専門家の方々が嘘を言うとも思いたくないし私なりに調べた結果なんとなく納得したのでとりあえずは信じとこうかなーって感じです。単純なので…(笑)


なんにしろこの原発問題が早く解決してくれるといいですよね(>_<)

Posted by はにママ at 2011年03月21日 22:31
ポケット付のクレートに非常食!!・・なるほど。有難うございます。我が家も備えてみます。

原発問題、気になりますよね!
素人には馴染みのない単位での数値を公開されても???ピンときません。
花粉と同じような扱いで、という専門家の話から、花粉症の私はマスクをしての外出後は部屋着に着替えるなど室内に持ち込まないように意識しています。
でも・・ワンはマスクなんてしないし、うがいもできないし。
もともとごくたまにしか散歩はさせていないのですが(室内で走ったり飛んだりするように仕向けています)この問題の様子を見ながら、なるべく外気にはふれないようにしています。昨日はシャンプーをする予定だったので、その前に散歩しました。
神経質過ぎるかもしれないけれど、人間とマルチーズの身体の大きさの違いを考えるとねえ。目には見えないものなので、用心するに越したことはないかと私は思うんです。
でも・・放射線技師の夫は、そんなレベルではない!と言います。もし身体に害があるレベルならば、生物は住んでいられない街として公表するだろうと。職場で日に3回、数値を測定しているけれど、自然界の平常範囲内なんだそうです。
Posted by ひまわりの保護者 at 2011年03月21日 23:47
可愛いあまずちゃんに会えてうれしいな〜&#9829;  

原発ですが我が家のそばにも(といっても車で走っても45分くらいはかかる)浜岡原子力発電所があります
いろいろ津波対策などしているようだけど、想定外って実際には起こりうる事なんですね
もし、地震や津波の心配がなくても放射能などの身体によくないものをコントロールして使おうということは人間のエゴなんじゃないかな…なんて思ってしまったりしました
原発の恩恵に預かっているのに…節電なんか気にしたこともなかったのに…
そんな風に考える資格があるとは思えないけど、これから生まれてくる子供たちの為にも
、人間以外の生物の為にも、これからはもっともっと考えて、行動していこうと思います
いつか、地球が滅びちゃうなんてSF小説にしか出てこないと思っていた事を今なら止められるかもしれないもの…
放射能の被害…なるべく最小限にとどまって欲しいですけど、正しい情報が伝わることを望みます
Posted by まりちゃんママ at 2011年03月22日 01:47
ラッキーパパの母親は、原爆投下後2日目に
爆心地の近くで、あと片づけを手伝いました。
叔母は、爆心地から数キロのところで、
被爆しました。建物の影だったのが幸いでした。
二人とも、原爆手帳をもっています。
二人のあびた、放射線量はどれくらいになるのでしょうね。
二人とも、幸いにも、放射線の障害はみられません。
子供にも‥‥
ラッキーパパは、細かなところは、よく分かりませんが‥‥
過敏になり過ぎるのは、よくないと思っています。
なんでも、過ぎるのはよくありませんね。(笑)
同じ情報を見ても、多くの人がいれば、
判断の仕方は、それぞれ違います。
かといって、情報を統制するのは、大きな問題です。
野菜の生産農家の方が、
「健康に問題ないのであれば、野菜の放射能の情報など、発表するな」と‥‥
それも、一つの考え方だと思います。
しかし、どんな小さなことでも、きちんと発表する。
それを、きちんと受け取って、自分できちんと判断する‥‥
それが、もっとも大切なことですよね。
あまずチチさん!立派です!
Posted by ラッキーパパ at 2011年03月22日 08:54
こんにちは。
あまずちゃんのブログが更新されてると、何だか安心します。

福島原発の件、怖いですよね。
TVなどは確かに信頼できない・・・
でもどうしたらいいのか。
解説聞いてもよく分からない。
西にでも避難した方がいいのかな?
マルクルは新幹線で大人しく出来るのかな?
でも東京を離れることは不安が大きすぎる・・ などなど色々考えちゃいます。

あまずパパの解説参考にします!
Posted by マルクルのママ at 2011年03月22日 11:14
ほんとに怖いですよね。
何を信じていいのか。
野菜も食べても大丈夫ですよと
言う割には出荷されなくなってるし。
毎日ため息が出てしまいます。
Posted by hiro at 2011年03月22日 11:33
はじめてコメントさせていただきます。
かなり重い話なのに、あまずちゃんの顔見てたらわらけてきますね(笑)
Posted by にっしー at 2011年03月22日 22:54
あまずちゃ〜ん☆
かわいいぃ〜
あまずちゃんのお話じゃないけど
チチは大事なお話してくれてるんだよぉー

ほんとに誰が本当の情報を教えてくれるのか・・・
全くわからない・・・
テレビで話してる事の意味が
いまいちわからない・・・
っていうか要点がつかめない・・・
大丈夫って強調したいだけのお話に聞こえてしまう・・・

ほんとに食べても大丈夫???
じゃあなんで言ってるの???
なんで出荷停止なの???
何を隠そうとしてるの???
見れば見るほど疑問が膨らんでいく・・・

なんかもっと解かりやすく
ちゃんと情報公開して欲しいです・・・

アッ!スミマセン・・・
ちょっと語っちゃいましたぁ(笑)
久々のあまずちゃんやっぱりかわいいー☆
Posted by こころママ at 2011年03月22日 23:55
停電のことで、電気のありがたみすごく感じますね。

神奈川の、家族がいるところでも、まだ停電1回もないとのことです。

原発のことは、本当のことをちゃんと話して、どうしたら守れるか具体的な方法を、分かりやすく説明してくれた方が、
国民ももっと安心できますよね。。。
Posted by Kako at 2011年03月23日 18:45
停電なしなんですか?
娘が下宿に行く方は、多いと一日に2回ある と不動産やさんが言ってました。
そんな状態で、どうやって授業するんでしょう? 早慶は延期したというのに・・・

原発の話。
私は報道は信じていないかも。
食べちゃいけない と規制しながら、すぐには人体に被害は無いとか意味わかんないです。
水もやばい っていうのは、今日、ニュースで言ってましたが、もう何日も前から言われてた事ですよね。
それが、一瞬報道されたかと思ったぷっつり無くなった。
パニックにしないように との事なのかもしれませんが、胡散臭い。

あそこが、どうにかならないと、本当に復興はありえないんじゃないかと思えてなりません。
大げさに騒ぐのもいけない と思う反面、本当の事が知りたいです。

ぴぃは元気です。私のブログは更新してませんが。
避妊手術の傷跡も綺麗になってます。ただ、地震が来ると吠えます。昨夜も2度、吠えました。
Posted by ぴぃまま at 2011年03月23日 22:25
=======================================
>>はにママさん
国立大の先生は、皆さん同じ理屈で「安全」を主張していますね。
まずはパニックを起さないようにする、
という使命感があるのだと思います。それはそれで、いいと思います。

嘘はついていないと思います。
ただ、上手に理論をすり替えたり、大事な部分を語らなかったりしていると
僕なんかは感じてしまいます。

とにかく、原発の問題が解決しないと、
政府は復興に全力をそそげないし、経済もきっちりまわらない。
早くこの状況を脱却したいですね。


>>ひまわりの保護者さん
クレートのポケットは結構重宝してますw

放射性物質は花粉みたいに考えて、いいとは思いますが、
花粉よりも微粒子です。なので、通常のマスクだと、通り抜ける可能性があると思います。
なので、我が家ではマスクを濡らしてから着用しています。

そうそう、ぼくもマルチーズの身体の大きさが心配なんです。
さらには、新陳代謝の早さが人間よりも早いので、
危険な被曝量は、確実に人間よりも低い数値だと思っています。
こんなことで大事なあまずの寿命は縮めたくありません。

おっと、旦那様、プロなんですね!
ガイガーカウンターみたいなもので、職場で、個人的に計られてるんですか?
ぼくは文科省のHPを参考にしていますが、
確かに、先週末はずっと平常値でした。
でも、昨日、一昨日は大した量ではありませんが、平常時の2倍くらい上がってました。
今のところ、東京は、人間であれば、特に気にすることはないと思いますが、
マルチーズはどうなんでしょうねぇ。

「生物は住んでいられない街」かぁ。。
原発の近隣住民の方は、ちゃんとした被曝に対する医療を受けられているのかが、
心配です。
日本のメディアではあまり報じられていませんが、
海外のニュースソースを見ると、けっこうえげつない写真が使われていたりで。
う〜む、原発問題は今後どうするべきか、真剣に考えなければいけないと思っています。


>>まりちゃんママさん
ぼくも、はるくんとおチビちゃんたちの動画を見て、思わず微笑んじゃいましたよw

「想定外」。今回の地震は世界的にみても最大級ですが、
安全神話のもとに成り立っている原発が、
地震の大きさ、それに派生する津波が「想定外」だったから事故を起こした、
という理由は、なんだか釈然としません。
エネルギー問題を考える、いいきっかけだった、というふうに
今回の教訓が未来に活かされるといいな、と思います。

正しい情報。ぼくもそう思います。
政府がきっちりと情報を流さないからこそ、風評被害も広がるんだと思います。
事実はこれで、法律ではこう定められている、だからこういう対策をする。
そういうことで、ぼくらみたいな一般人は次の行動を考えることができるようになると思います。


>>ラッキーパパさん
ピカドン、そうですか。広島で。
原爆ドームにはずいぶん前に行ったことがあります。
放射性物質による障害というのは、いろいろと調べましたが、
結局のところ、あまりよく分からない部分が多いようです。

過敏になるのはよくないですね。
過敏にならないためにも、ちゃんとした情報が欲しいと思います。
放射能が現在も漏れ出していることは事実ですから、
「安全」ばかりをうたうのではなく、その漏れ出した放射能はどういう害をもたらすのか、
そっちのほうをきっちり伝えたほうが、風評被害はなくなると思っています。
たとえば、農家の方に、
「リスクはとっても少ないけれど、1万人に1人はガンになる可能性がその野菜を食べ続けた場合にはあります」と伝え、
それを知ったとき、農家の方がどう思うか。それは農家の方の自由です。
政府は、国民に判断材料としての情報をきちんと流すべきだと思います。

今後、福島県周辺の農家の方々は大変でしょうね。
農家や酪農家などの方達が本当の意味で復興するには、
かなり長期的な期間が必要だと思います。
そうした方たちを支える支援というものも、
東京で住むぼくらは考えなければいけないと思っています。


>>マルクルのママさん
あらあら、安心していただけて嬉しいです。
それなのに、ちょっとばかし重い話題のブログですみませんw

テレビに出ている解説者の方たちは嘘は言っていません。
ただ、本来、法律で定められている基準値を伏せて、
危険なレベルの数値を「安全な基準」として語っています。
彼らの使命は国民の健康を守ることではなく、
国民がパニックにならないようにすること、なんだと思います。
彼らは彼らなりの正義感で解説しているのだと思います。

避難するかしないかに関しては、
避難できる経済なり環境なりがあって、
マルクルのママさんが、「避難したいなぁ」と思うのであれば、
避難していいと思います。
実際、ぼくの友人には大阪に現在も避難している者がいます。
海外に行った者もいます。
ぼくは、貧乏なのでw 日々の仕事もあるし、自分なりに気をつけながら、
東京で暮らしています(・・)ノ
本気でまずいな…と感じはじめたら、あまずとママだけは先に避難させるつもりです。


>>hiroさん
出荷されている野菜は食べていいと思います。
ただし、放射性物質が付着しているのであれば、リスクはあると思います。
そのリスクというのは、10年後に確実にがんになる、というものではありません。
実際にがんになった人は100%の確率だし、ならない人は0%の確率ですから。
そこの見極めが難しいですよね〜
10年後のがん、それも本当にがんになるか、ならないか、分からないような確率、
そういうものを気にするか否か、ということだと思います。
ある意味、ロシアンルーレットですねw って笑えないか。。。


>>にっしーさん
はじめまして! コメント、ありがとうございます!
あまずのおかげで、チチ&ママも毎日笑っていますww
ここ数回の記事は重い話になってしまうと思うのですが、
今後もどうぞ、よろしくお願いします!!


>>こころママさん
あまずをかわいいと言ってもらえるのが、1番うれしいですw

情報が錯綜する理由は、
放射能がおよぼす害を人類は、
実のところすべて把握しきれていないからだと思います。
また、原発推進派、反対派によってデータの読み方が違うので、
これまた混乱を招く。
国は現在、国民一人ひとりの安全を考えている余裕がない状態なので、
自己防衛できることはやっておこう、というのが僕の現在の考えです。

政府も混乱しているのでしょうが、情報公開するべき部分はしてほしいですよね。


>>Kakoさん
停電をしない地域って、変電所だかなんだか、
送電するために主要な施設がある地域なんだそうです。
ご家族は、たぶん、そういう地域にお住まいなんでしょうかね。
また、オフィスビルが立ち並ぶ都心より住宅地を止める傾向があったようです。

そうそう、放射能なんて、安全なわけがないんだから、
どういうリスクがあって、それをどうやったら防げるか、という話を
しっかり話して欲しいですよね〜
専門家の方たちがそれをちゃんと話してくれないおかげで、
自分で調べるしかない、という悲しさ。

考えてみたら、この10日間ほど、テレビの解説者は国立大学の人たちばかり。
国立ということは、ぼくらの税金で食べている方たちですよね。
嘘を言っているわけではありませんが、
もうちょっと、国民目線の話をしてもいいと思います。


>>ぴぃままさん
昨日、某私立大学の先生と電話で話したのですが、
そこの大学は入学式も中止にしたとか。

テレビに出ているあの人たちは、よくよく話を聞くと、意味がわかりませんよw
東京の水も安全だ、と宣言していたので、
ぜひとも、ご本人が飲み続けて安全であることを証明して欲しいものです。

彼らは、
濡れぞうきんを絞って出た水滴が入ったお茶をこころよく飲める、
という神経の持ち主、だと思っています。
なので、ぼくは信用していません。

福島周辺の農家の方にも、ちゃんとした話を伝えて欲しいです。
農家の方たちに対する長期的な生活、そして復興の支援、
ぼくは最近、そういうことも考えています。
=======================================
Posted by あまずチチ at 2011年03月24日 11:10