2011年06月30日

あまず、ムンムン♪継続中〜ヒートのメカニズムについて〜

あまずのチチです。

本日のあまずはこんな具合。
01DSC_0053.jpg
あまずママに言わせると「ウッフン♪」と言っているそうですよ┓(´ _`)┏

お昼寝姿はこんな感じw
02DSC_0038.jpg
昼寝というより、週末の最終電車で酔いつぶれたオッサン(笑)

とにもかくにも、微量ながら続いていた出血は昨日を最後に終ったようです。
食欲や元気さはさらに戻って、完全復活とまではいかないまでも、
悠々と過ごせているようではあります^^
03DSC_0018.jpg
ず「あり? もうシュウテンでつか??zzz…」

さて、本日はワンコのヒート(シーズン)についての勉強をば。
なんせ、わたくし、「ヒートとはなんぞや??」状態なものでして、
ママいわく、「出血が終ってからも注意は必要なんですよ!」てなことですし、
ちょっくら調べてみました。

まず、ワンコのヒートって、ニンゲンにとっての「月経」みたいなモノではありますが、
そのメカニズムは大きく違うようですね。

ニンゲンの場合、排卵後に、
受精卵の着床がなかった子宮内膜が剥がれ落ち、月経血となるわけで、
いわば、古い血液のベッドが次の着床のために洗い流されるイメージ。

ワンの場合は、排卵に備えて子宮内膜や外陰部が充血し、
それが発情出血となるそうです。
なので、出血は排卵前に起こり、そのうえ、その血にはフェロモンが含まれています。
例えるならば、血液のベッドが完成しますよ〜というお知らせみたいなモノ。
(素人が調べて書いた文章なので間違いがあるかも。。。)

6月15日のヒート初日以降、あまずはちっこの回数が増えていて、
そのちっこにも、「お知らせ」であるフェロモンが含まれています。
そのため、シーズン中の女子ワンコのちっこは、男子ワンコを刺激してしまうそうです。

そして、出血が終ったからといって、ヒートが終了ではなく、
ここから排卵がはじまります。いわゆる発情期ですね。
男子ワンコの受け入れもこの時期からはじまります。

今日のあまず、しっぽのつけ根をちょこっと触ると、しっぽをクッと右側に倒しました。
これは受胎可能のサインなんだそうです。
この状態は約1週間つづくようで、
これが過ぎると男子ワンコを拒絶するようになるそうで。

というわけで、
出血は終ったのですが、お散歩などのお出かけをする際には、
「注意は必要なんですよ!」という、おママさまのお言葉通り。

そうかぁ、あまずのムンムン♪ ここからが本番なんですね。
なんだか、わたくし心配になってきましたよ。。。
04DSC_0124.jpg
ず「チチ、ちんぱいごとでつの?」
こんな天使のような笑顔のあまずちゃんに変なムシがついたら大変です( ´Д`)
夏本番前に蚊取り線香買って来よ(笑)
Byあまずチチ

ブログランキングに参加しています。
ムンムン〜♪ なあまずに応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

ニックネーム あまずのチチ&ママ at 20:32| Comment(14) | 健康管理のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする