2011年03月26日

原発事故による犬への影響を考えてみました その3

あまずのチチです。

前回書いた東京にいるリスクについての表現に間違いがありました!
ほんとにすみません!
「92週間後には、がんになる方が1万人のうち1人の割合で増える可能性がある」というのは、
間違いです!

前回準拠した日本の現行の法律には、「年間1ミリシーベルト相当」とあるので、
92週間じゃ、ほぼ2年になってしまいます。
要するに、東京が現状のままだとしても、
法律で定められた規定値の約半分の量だけ被曝することになります。
となると、前回書いた話よりもリスクはさらに低くなると思われます。

また、実際の被曝量は汚染された食品を食べた場合や内部被曝の度合いなどで変わってくるのと、計算値は大気中の放射線量だけで考えているので、
あくまでも目安です。

さて、ようやくここまで話が進みました。
「放射能が何か」をまずは理解するために、長くなってしまいましたm(_ _)m
DSC_0040.jpg
ず「もうねむいでつよ。。」
トリミングから帰ってきたばかりのあまずですw

ここからはあまずさんのお話ですよ!

というわけで、あまずの危険度がどれくらいなのかを考えたいと思います。
でも、確証的なデータが世界中どこにもない、というのが正直なところだったりして。。

先日、放射線医学総合研究所に
「あまずはどのくらい被曝したら危ないんですか?」と問い合わせたところ、
「わかりません」と言われました(・・)
犬に関する具体的な研究例はないそうです。
ネットでも資料を探しましたが、ぜんぜん見つかりませんでした。

チ「身体の大きさ、新陳代謝のサイクルなどを考慮して計算する感じですかねえ?」
放「そうですかねぇ。あと、犬種によっても、影響の度合いは違うかもしれませんねぇ」
とのことでした。

う〜む。でも、その後、「ベルゴニー=トリボンドーの法則」というものを見つけました。
新陳代謝が活発なほど、放射線の影響を受けやすい、というような法則です。
だから、「子どもたちや妊婦さんは気をつけて」という話になるのだと思いますが、
そう考えると、体重というのはあまり関係ないのかもしれません。
太った人間は放射線の影響を受けやすいなんて話もありませんし。

マウスに放射線をさらした実験というのもあり、
結果は人間とそんなに大差はなかった様子。
なので、放射能によるマルチーズの危険度は人間と一緒と考えていいのかしらん。。。

ただ、あまずはまだ生後7ヶ月。成長段階の子犬で、基礎代謝などが成犬よりも活発です。
なので、それだけ放射能の影響を受けやすいと思います。
成犬と子犬の基礎代謝がどれだけ違うか考えてみると、
たとえば、フードの量(1日に必要なエネルギー量)で計算ができそうです。

などと思っていたら、
先日、東京の浄水場から乳児の暫定規定値を超える放射性ヨウ素が検出されました。
規定値から推測すると乳児は大人に比べて3倍、放射線の影響を受けやすいと考えられそうです。
なので、それで強引に計算をしてみます。

あくまで、ド素人のぼくが勝手に仮説にもならない仮説を立て、しかも強引に計算しました。
参考にすらならないと思います。
内部被曝のことを考えると肺活量なども考慮するべきですが、とりあえず無視して、
大気中に舞う放射線量が外部被曝として、あまずに与える影響だけを考えて計算します。

【強引に算出した、東京にいる、しかも外飼いの子どものマルチーズの危険度】
「仮に犬は放射線の影響を人間と同じように受けると考え、さらに子犬は放射線の影響を成犬よりも3倍受けやすいと仮定し、原発事故が解決せず、東京の放射線量が増えもせず、減りもせず、14〜21日のままの状態が続くと、約30週間(約7ヶ月)後には、将来がんになる子マルが1万匹に1匹増える可能性があるかもしれません」ということになりました。
あくまでド素人の推察です。
また、実際は外飼いのマルチーズは皆無だと思いますし、
今後、放射性物質の飛散は減少していくと思うので、
上記の数字よりも危険度は低いと思われます。

実は、1日に1時間の散歩をする家飼いのワンのケースも計算してみました。
しかし、あまりにも細かい数字が並ぶのでブログに上げるのは止めました。
結果だけ言えば、「約30週間(約7ヶ月)後」の部分が「約46週間(ほぼ1年)後」
になります。(部屋の中は外に比べて、放射線量を75%カットで計算)

今回の数字は、あくまでぼくが推察したものですが、
これを危険と考えるか否かは、個人の自由です。

前回書いたように、リスクを抜かしたイメージとしては、
東京にいる限りにおいては、煙草の副流煙のケースと似ていると思っています。

そして、ぼくとしては、ようやく現状が把握できてきたような気がしています。
リスクはリスクとして認識して、人間は次の行動ができると思っていますので。

放射性物質対策としては、よく花粉の話がありますが、
放射性物質は花粉よりも微粒子なので、マスクは濡らして使ったほうがいいと思います。
水に関しては、基準値を超える発表があった場合、
そのときの水は可能な限り、あまずには飲ませないようにしています。

それと準拠しているICRP(国際放射線防護委員会)の基準値や日本の法律は、
あくまで現行のモノで、今後変わるかもしれないし、変わらないかもしれません。
そして、正直、遠くに飛んだ放射性物質による内部被曝の影響というのは、
正しいデータを世界中のどの学者も持っていないように思われます。
そう考えると、ぼくが出した数値は間違っている可能性があります。
あと、前回の数字は14〜21日の間じゅう、東京でマスクをせずにずっと外にいたら、の話です。
内部被曝の計算はとっても難しかったりなどで、
その点でいえば、危険度は増すかもしれません。
というわけで、前回、今回の数字はあくまで目安ですし、
ド素人が算出したものなので、その点はご留意を。
とにかく、ワンの被曝に関する確証的な話がどこにもないので、
ぼくが今現在の東京であまずを守るためにはどうすればいいかを考えるために、
個人的に強引に目安を算出しただけであります。
(あるいは、専門的知識のある方、ご指摘があればお願いします!)

最後にあまずちゃん、かわいいお顔を見せてちょうだい!
DSC_0043.jpg
ず「やっと、お話、おわりまちたね」

さて、あまずは明日、とあるマルちゃんとドッグカフェでお会いします(・・)ノ
名前はゆずちゃん、またの名を秋チビの楓ちゃんw
ご存じの方もいらっしゃるのでは??
あまずはこれまで自分より幼いコに会ったことがないので、チチ&ママも楽しみです♪
Byあまずチチ

ブログランキングに参加しています。
あちたはおチビちゃんとあそぶんでつね! なあまずに応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

ニックネーム あまずのチチ&ママ at 03:52| Comment(4) | マルチーズ日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする