2011年03月21日

原発事故による犬への影響を考えてみました その1

あまずのチチです。

まずは近況報告しますよ、あまずさん!
01DSC_0049.jpg
「へ〜ぃ」と、まったくやる気のないあまずw

首都圏では、「予測不能な大規模停電の可能性がある」という話でしたが、
結局、ずんずん一家の地域にはまだ停電は起きていません。
ただ、想定外の停電が起こると、東京は大打撃を受けますので、節電は続けています。
福島の原発が危機的状況のなか、首都の電力が断たれると、、、危険でしょう。

とはいえ、東京電力は使用していなかった火力発電所を稼働させたり等で、
「予測不能な停電」はもう起きない可能性もありそうですね。

余震は、今日もすこ〜し揺れた程度のものがありました。

自宅の倒壊も心配ですがw 今、ぼくが注視しているのが原発。
02DSC_0048.jpg
ず「そなの?」
原発の問題を解決しない限り、本当の意味での復興ははじまりません。

まずは原発を取り巻く、先週のことを振り返ります。

停電や交通事情などの理由もあるのでしょうが、
東京では16日(水)から、大手企業の社員が「自宅待機」を実施しました。
外国人の国外退避もこのあたりからはじまりました。

なぜ、16日だったかというと、
前日の15日、都内で放射能の測定値が上がったこと、
東京電力が福島原発からの全員撤退を政府に申し出たこと(結果、管さんが怒鳴る)、
などを受けての判断があったからだと思います。

先週の前半には、
テレビに出ている原発に関する解説者の顔ぶれがガラッと変わりました。
皆さん同じことを言うようになりましたね。
飛散した放射性物質の測定値は「安全である」ことと、
その根拠として「レントゲンの放射線量との比較」を持ち出しました。

テレビのこの現象をどう受け取るかは自由です。
ぼくは情報の一元化がはじまったと思い、
テレビ報道の半分は疑おう、と思うようになりました。

ポイントは3つあります。

1つ目は、放射能による害は2種類(外部被曝と内部被曝)あるのに、
テレビ解説者は1種類(外部被曝)についてしか語らなくなったこと。

2つ目は、関東に飛散して来た放射性物質の数値が安全である根拠が
頭の悪いぼくには非常にわかりづらかったこと。(なんか誤摩化してるなぁ的な雰囲気)

3つ目は、放射能による害は研究者によって意見が分かれるのに、
皆、一様に同じ見解を述べるようになったこと。

ぼくは、放射能の危険性について、多元的な情報を得た上で、
自己判断をしたいと思っています。

さて、ここからは放射能についての話になります。
DSC_0068.jpg
ず「あたちのお話じゃないなら、ねまつよ。。」

というわけで、文章がちょっと長くなってしまったので、
つづきは、また次回に。
Byあまずチチ

ブログランキングに参加しています。
トリミングにいきまちた! なあまずに応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

ニックネーム あまずのチチ&ママ at 20:50| Comment(11) | マルチーズ日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする