2011年03月16日

「避難時はクレートに」という反省

あまずのチチです。

今日(15日)は静岡でも大きな地震がありました。
震源地近くにお住まいの方々、大丈夫でしょうか。。。

ぼくらが住む都内のオンボロなマンションもそれなりに揺れましたが、
倒壊は免れていますw(・・)ノ
あまずママは「引っ越し!引っ越し!」とさっきから叫んでおりますけどもw
01DSC_0004.jpg
ちなみに、あまずは寝てましたです(笑)

でもでも、ほんとにボロボロなマンションなので、
笑っていないとやっていられない気持ちがあるのも事実です。

ここからは、地震が発生した11日の話。

ママはあまずを抱えて、すぐに家を飛び出したそうです。
ぼくと再会できたとき、ママは上着も着ず、サンダル姿でした。
余震は続いていましたが、大きな揺れがある程度おさまってから、
恐る恐る3人で自宅に戻りました。そして、上着を着たりして、
近所の方々が避難している隣接のお寺に行きました。

その夜、もしものときにはどうするかをママと話し合いました。
たとえば、あまずはクレートに入れて外に出よう、など。
再会して自宅へ戻る前、しばらく外にいたのですが、
あまずは服を着ていなかったし、毛布もなかったので寒そうでした。

それに避難場所にはたくさん人がいるし、
震災からあまずを守るにはクレートに入れるのが一番いいのでは? となったのです。
ネットで調べてみると、実際、災害避難時にクレートがなかったため、
ワンが避難所に入れなかったケースもあったようで。

で、クレートにはこんなラベルを貼りましたよ(・・)ノ
02DSC_0027.jpg
ズンズン日記のロゴとURLを記載したラベル(左)、
名前や住所やPCのメールアドレスなどを記載したラベル(右)。
もしも、あまずとはぐれてしまった際に、
これらの情報、特にネットに関した情報が役に立つかもしれないと思ったからです。

とにかく震災時の携帯電話なんて当てになりません。
固定電話は比較的つながりましたが、相手が自宅にいなければアウトです。

今回、1番リアルタイムに連絡のやり取りができたのは、ネット関連のツールでした。
ブログのコメント欄というのもネットにアクセスできる環境さえあれば、
緊急時の連絡にとても有効な場合があると思います。
ちなみに、コメント欄のアイデアはブログ友だちのラッキーパパさんから拝借しましたw

それにブログを通じて今回は、お友だちの安否を知れたり、
また、ご心配のご連絡をいただいたり、ということがあったので、
ブログの力は大きいなあ、と実感しています。

そんなこんなで本日のあまずです。
03DSC_0006.jpg
夕方、暗くなる前の散歩だったので、ちょっとピントがボケていますm(_ _)m

ボケていたって、あまずはいつものように満面の笑みw
04DSC_0018.jpg
誤解を恐れずに書くと、
執拗にユーモアを並べることはないけれど、
執拗にかしこまる必要もないと思っています。
そして、笑顔はとても大事だとも思っています。

だから、たくさんの笑顔が見られるよう、
自分に何ができるか、小さな余震に揺られながら考えた今日この頃であります。
Byあまずチチ

ニックネーム あまずのチチ&ママ at 02:16| Comment(14) | マルチーズ日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする